. .
コメントは受け付けていません。

本格的な玉子焼きの作り方

本格的な玉子焼きの作り方

今月と来月の料理教室はお休みなのですが、玉子焼き教室が開催されました。
玉子焼き如きで料理教室に?
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、玉子焼きってものすごく難しいのです。
テフロンなら簡単ですが、銅の玉子焼き器で作るとめちゃくちゃ難しいです。

かねてから欲しかった銅の玉子焼き器で、初めて玉子焼きを作りました。
今回習ったのは、関東風の焼き方と関西風の焼き方です。

銅の玉子焼き器は、購入したら油焼きをしないと使えません。
教室で購入したので、油焼きはやってもらいました。

私が購入したのは、関東焼きの15センチ(卵最大5個使用)です。
東京人なので、甘い玉子焼きが好きです。
旦那も甘い玉子焼き派です。
だから、関東焼きだけ習えば十分なのですが…。
関西風の焼き方も教えて頂きました。

真四角写真を上から見てください。
一番上が関東焼きで、二番目が関西焼きです。
どちらも先生が作られたもので、とにかく味が良い!
四番目の写真が私の作ったもので、上が関東焼きで下が関西焼きです。

関東焼きは木蓋を使って形を調えられるし、出汁も少なめなので楽でした。
しかし、関西焼きは出汁が多いので、もはや玉子焼きを焼いている感じではありませんでした(爆)。
玉子焼き器に油がなじんでいないということもありますが、とにかくボロボロになりました。
最後に巻きすで形を調えますが、これは何度も練習しないと手強そうです。

とにかく火加減と手早さが大事です。
テフロンで焼く時とは全く違います。
そして、失敗はしているけれど、やはりテフロンで焼いたものよりも味がいいです。
折角手に入れたので、1週間に1回くらいは練習したいと思っています。
あんまり焼いても、消費するのはほぼ私なのでね(^_^ゞ

コメントは受け付けていません。

夏と言えば祭り!

夏と言えば祭り!

夏と言えば○○というものは沢山あります。
私が挙げるとしたら、海・プール・麦茶・かき氷・水着・花火・カレーなどですね。
挙げたらキリがありません。
でも、日本の夏に限定するとやっぱり“夏祭り”ではないでしょうか?

日本人は祭りが好きですので、1年中どこかでお祭りが行われています。
どれも素晴らしいものですが、一番外せないのが夏です。
なんと言うか、男らしい気がしませんか?
汗が飛び散るイメージがあって、「これぞ祭りだ!」と言わんばかりの熱気が見れます。

どこの祭りも、行ってしまえば気持ちが高ぶってしまうこと間違いなしです。
その中でも私が一番好きなのが阿波踊りです。

阿波踊りは元々徳島のお祭りでした。
でも、私が知っているのは高円寺の阿波踊りです。
母方の祖父母が住んでいた場所なので、8月の終わりに親戚一同集まって見に行っていました。
お腹の中にいる時も聞いていたということですから、今年で36回目の阿波踊りになります。

子どもの頃は、阿波踊りが終わると学校が始まるので、ちょっとだけ寂しい気もしました。
慌てて宿題を終わらせるなんてこともありましたねぇ。
そのうち、姪と甥がそんな感じになる事でしょう。

昨年の阿波踊りは、節電対策ということもあって昼間の開催でした。
幸い、2日間とも曇りだったので暑さも和らぎました。
しかし、阿波踊りは夏の夜空に映える踊りでもあります。
近所にある神社のお祭りもあって、子ども達が昼間に山車を引いたり神輿を担いだりするので、非常に慌ただしいのです。
節電も大切ですが、この日だけはどうにかしてもらいたいな~なんて思っていました。

今年の阿波踊りは夜開催ですが、例年よりも1時間早い開始みたいですね。
子どもにはこれくらいがちょうどいいのかもしれません。
終わってから夜店に行くので、21時終わりだと厳しいですからね。
今年は甥が初の阿波踊りです。
気に入ってくれるかしら?

最近、脱毛器にハマっています。
一度凝りだしたら徹底的にチャレンジする性格なので、今では周囲の友人からオススメを聞かれる程です。
美容に興味があまりなかったので、自分でも驚きです。

コメントは受け付けていません。

自衛隊

私の家の近所には自衛隊があります。
航空自衛隊のため、いつも自衛隊の飛行機が飛んでいます。
自衛隊は厚い壁と山林に覆われていて、中で何が起きているのか全く分かりません。
でも商店を開いている母の店には、良く自衛隊の方々が飲みに来ます。

自衛隊の中には学校があるらしくて、入社してすぐの若い自衛隊員は遠くから来てこの学校で3年間勉強をするらしく、みなさん遠方から一人でやってきた若者が多いらしいんです。
中には家族を地元に残して自分だけ出張と言う形で来ている方も多く、子どもが産まれたけど会いにいけないから寂しいと言う方など、休みの日や長期休暇の時に家族の元に帰るのを楽しみにしている方が多く居ました。
自衛隊の塀の中での訓練は厳しく、なによりも人間関係がとても厳しいらしいのです。
だから「自殺」も多いと聞きました。

国の安全を守るためのプレッシャーや、自分が思っていた仕事とのギャップ、または男性社会での縦社会の厳しさ、またその中でストレスのはけ口にされる「いじめ」など、様々な理由で若者の「自殺」が後をたたないそうです。
でも、自衛隊は国家機密ですから、大きな力を持っています。
この「自殺」については闇に葬られ、その理由もその事実すら公表されていません。

母は、いつも遊びにきていた方が挨拶も連絡もなしに急に来なくなる事もあるから…とても心配だと言います。

国を守るために作られた自衛隊。戦争でも起これば一番に命を懸けなくてはいけない彼らは何を考えて訓練に挑むのでしょうか?
「俺は馬鹿だから、頭を使って学歴をつけていい所に就職して稼ぐ道は知らないから。だから自分の誇れる体力とか力とかを使って稼げる自衛隊を選んだんだ」って言う話を良く聞きます。
生きていくために、頑張っている自衛隊の方々は輝いています。
しかし彼や家族が自衛隊だとしたら、争いごとで命を落とす事だけはあって欲しくないと願います。だから彼らの事をとても複雑な気持ちで見つめてしまいます。

コメントは受け付けていません。

駅伝

私は自分の青春を「駅伝」に懸けてきました。
一人で走るトラック競技としての陸上やマラソンと違って、駅伝は仲間と共に「たすき」をつなぐ駅伝では友人間・仲間内での「絆」も深まります。
自分のために走る以上に、仲間のために頑張りたいと言う気持ちや、自分たちに懸けてくれる先生のためにも頑張りたいと言う気持ちから、いつも以上にやる気も増します。

1区からアンカーの5区まで、5人でタスキをつないでゴールするルールの中で、私は大概の場合「アンカー」を任される役目だったので、最後の最後みんなが懸命に走って守ってくれたタスキと成績を抜かれる事がないようにと、そのプレッシャーも大きかったのを覚えています。

学生ながらに真剣に取り組んでいて、周りのライバル学校も駅伝に懸ける思いは同じように強く、みんな必死で頑張っていました。あまりのプレッシャーに失神してしまう子もいたり…自分の限界を超えてしまうがあまりの事故やトラブルも多かったです。

一番印象に残ったのは、私たちの地区の中でも強豪校でいつも1位・2位を争う学校のチームの1区がトップで帰って来なかったので「あれ?」と思っていると、その次もその次も違う学校。最後のランナーが通過してもまだタスキがつながれないのです。
何かおかしいと思っていると、1区でスタートしたランナーは途中で脱水症状をおこしてしまい転倒。それでもタスキをつながないとと言う思いで立ち上がり走るのですが、方向感覚が失われ別のコースへ行ってしまったのです。
そこで意識を失い救急搬送されたと言う事でした。
その際に頭を強く打ってしまったらしく、彼女はその一件で障害を負ってしまいました。

顔の麻痺と、味覚障害。
それでも次の試合では復帰していました。
今までどおりのタイムは期待できませんでしたが、それでも部活をやめないと言うのです。もし走れなくなったとしても、マネージャーとして在籍したいと申し出たそうです。

駅伝を通して、彼女からは「情熱」や「絆」を学ばせてもらいました。

コメントは受け付けていません。

最近本を読む時間もなくて、活字から離れていましたが、久しぶりに時間を作って本を読みたいなって思うようになりました。
幼い頃から本が大好きだった私。
元々は母が本が大好きで、家には本が沢山あり家の中でも一番陽の光が入るすりガラスのお部屋に大きな本棚があって、ひなたぼっこしながら本が読める小さなスペースがありました。そこで母と一緒に本を読んだり、編み物を教えてもらったり、洋裁を教えてもらったりという事を幼稚園の頃からやっていました。
その影響で、小学生になると図書室へ行くのが何よりも楽しみになりました。
小学生低学年の頃までは、母の影響で活字本を読んでいて、主に自伝を多く読んでいました。世界の有名な方々の一生が書かれた自伝が面白くて、色んな人の生き方を知って自分の人生を想像していました。
しかし母の手を離れて、学校の図書館に個人的に入り浸るようになると、私は生まれて初めて「マンガ」の存在を知ることになるのです。
活字よりも読みやすくて、絵があるので見やすくて面白い!それからはマンガにはまるようになって、いつしか活字から離れていくようになりました。

マンガを読み始めると絵で全ての方向性が決まってしまうので、描写や背景、姿形全てにおいて「想像する」という事を忘れてしまいます。
活字を読んでいた時は「山々の木々の間を通り抜ける風」と言われれば、そこから風景を想像して自分なりの世界を作っていましたが、マンガを読むようになって自分の世界を作らずに、作られた世界を覗くと言う感性になってしまっていました。

しかし、その時代もすぎ大人になった今、また活字が読みたいと思うのです。
言葉から連想する、想像する自分だけの世界を見たい。本に書かれる言葉にヒントをもらったり、勇気をもらったり、本から知識を得て新しい方向性を見出すのも、一つの人生設計だと思うんです。
そろそろ新しい知識や、新しい発想が必要な時期なので、本を読む余裕を作ろうかな。

コメントは受け付けていません。

レストランウェディング

最近流行のレストランウェディング。
近所のホテルでも、今年から新しくレストランウェディングの企画を始めるという事です。
レストランウェディングのメリット性とは、やはり普通の結婚式に比べて価格が安いと言う事でしょうか。また、手作り感やアットホームさ、少ない人数で心通う結婚式を望む方々にはもってこいかも知れません。
元々家元は仏教のカップルがお洒落だからとチャペルウェディングを行うのもおかしな話ですよね。しかしどこの結婚式場も立派なチャペルがあり、宗教に関わらず神聖なチャペルで神父様に永遠の愛を誓うのが一般的。
日本人はどうしても一般基準に左右される生き物ですから。
それが普通。これが一般的と言う常識から外れる事はあまりしませんもん。
だから結婚式も純白なドレスで教会のバージンロードを歩き教会で神前式を行うのが一般的になり、みんなそれに憧れています。
しかし、友人の結婚式に参加するといつも教会では聞き慣れない歌を歌わされ、神父様のカタコトの日本語に違和感を感じ、英語は分からない。なんだか違和感ばかりなんです。
自分がキリスト教じゃないから、おままごとの様に見えてしまうんですよね。

みんな「形」にこだわらずに、自分オリジナルの結婚式をやればいいのに。
そうすれば途中で飽きる事もないかもしれない…なんて思います。

結婚式=自分が主役のパーティー=自己満足の世界なので何とも言えませんが、もし私がいつか結婚する時が来るなら、来場した皆さんを「あっ」と思わせるような「普通じゃない」結婚式がしたいですね。
チャペルとか披露宴の流れとか一般のマニュアルに沿ったものではなくて、お客様も退屈しないような心温まる感動の演出を考えたいものです。
それを自分でやるならば、レストランウェディングはやりやすいかもしれませんね。
沢山の人をただ招待するのではなく、本当に大切な人だけで本当の幸せを祝う、心を込めて感謝を伝える企画、そして完全な自分たちの手作りのプラン…

レストランなら気軽に出来そうな気がします。

コメントは受け付けていません。

シャネル

学生時代、ファッションに興味を持ち服飾系の学校へ進もうと考えていました。
そんな私が、とある古本屋さんで出会った本が「ココ・シャネル」の本でした。
シンプルでお洒落なモノクロの表紙に描かれたシャネルのロゴとココの写真が印象的だった気がします。

ファッションに興味があったとは言え、視覚的なモードファッションが好きだっただけでデザイナーの事はまるで知らなかった私。
それまで「ココ・シャネル」って本名だと思っていたのですが、本をパラパラとめくっている時に、「ココ」は芸名である事を知りました。
なぜ、その芸名になったのかと言う由来や、なんとなく謎めいた彼女の事が知りたくなってすぐにその本を購入しました。

本の内容は、彼女の生い立ち、そしてデザイナーとして成功するまでの道のりと苦労が綴ってありました。
「大きな成功」って「小さな努力」が積み重なって苦労の上にあるものなんだな。って思ったとともに決して順風満帆ではなかった彼女の人生、沢山の軌跡の出会いと努力によって勝ち取った成功、それらを知って「ココ・シャネル」のファンになりました。

子どもの頃は貧しくて施設で育った経験もあり、そこから出会った男性の力を借りて這い上がっていく姿や華やかな世界に身を投じて戦う姿が想像できて、女性としての魅力や強さも感じました。

ファッション業界も芸能界も、一見華やかな世界に見えますが、中に入ってみると「華やかだけじゃない」事に気がつきます。私も芸能のお仕事をはじめてから、それを良く思います。キラキラ輝いていて華やかな憧れの夢なんていうものは所詮「夢」です。
どこの現場にも同じ「苦労」は付き物です。
そこをクリアーして「きらびやか」に魅せ続ける事が出来た人だけが生き残れる。
タフな精神がないとやっていけない世界です。

きっとファッション業界も同じなんだろうなって思います。
その中で生き残った、一握りの成功者。リスペクトですね。

私の近所の古着屋さんのオーナーはいつもレクサスRXに乗って出勤しています。その車を見つけると、オーナーがいるのがわかるので顔を出してお茶を飲みます。
ファッション業界の人って、みんなおしゃれで憧れてしまいます。

コメントは受け付けていません。

間質性肺炎

祖父が「間質性肺炎」と言う病気にかかりました。
数十年前に結核にかかり、投薬治療で完治し、それからは病気ひとつしてなかった元気な祖父でした。70歳を過ぎてからも、毎日のウォーキングや太極拳、マウンテンバイクを乗り回して海沿いを景色を見ながら走ると言う日課は欠かさず、歳に似合わずパソコンが大好きでインターネットに毎日釘付け、毎日自家用車で買い物に行き家事も自分でやりこなす「元気」がとりえのハイパーじいちゃんでした。

そんな祖父が変な咳をし始めて、病院で調べてもらうと発覚した病気が「間質性肺炎」でした。パソコンが趣味の祖父だけに、病気の内容を調べるのも早かった。

「肺が機能しなくなり、呼吸困難に陥って死ぬのをまつしかない病気。」

それが答えでした。
祖父は、手の施しようのない病じゃけ、しょうがない。と落ち込むばかり。
そんな祖父を励まそうと色んな手段をとりました。様々な情報を探し、西洋医学でダメなら東洋医学で!と、母が探してきた「肺にいい青汁」は一ヶ月30万円もするものでした。
それでも「治療法のない今、命には変えられない!」と試してみる事に。
するとおじいちゃんの調子は良くなりはじめます。

しかし、時が経つにつれて病魔は襲いかかってきます。祖父から呼吸が出来ないと慌てて電話があり駆けつけるとベッドの上から起きる事の出来ない祖父。すぐに病院に連れて行き、それからは24時間酸素ボンベを付けたままの生活が始まりました。

そしてそれから3ヵ月後、祖父はかえらぬ人となりました。

日に日に呼吸がしづらくなり、苦しそうな祖父を見るのはとても辛いものでした。
今は苦しみから解放され、天国でゆっくり過ごしているのかなと思うと「お疲れ様でした」と思う他ありません。
じいちゃん、これからは天国から私たちを見守ってくださいね。

コメントは受け付けていません。

整体

弟が整体院を始めました。
東洋医学に興味があった弟は、整体の勉強を経て自営で整体院をオープンしたのです。

昔から勉強が出来なかった弟。同じ兄弟の中でもダントツに成績が悪くて、母の悩みの種でした。弟は「どうしても学校の授業に興味が持てない」「面白くない」「覚えられない」「自分には必要ない」と言っていました。
そんな弟ですが、自分が興味を持った事に対しては人並み以上の能力を発揮します。暗記にしても実践にしても、興味がある事は不思議と完璧にやります。

あれだけ覚えられなかった漢字や英語も、興味のある分野だけはかなり深い所まで知っていたり…馬鹿だと思っていた弟は「雑学王」だと気が付いて行きました。

そして弟が整体について学び始め、自ら免許を取得しはじめたこのお店。
皆さんに愛されて長く続けていって欲しいと見守っています。

弟は、体重が100キロ越えする大柄な人物で、だから手も大きくて肉厚です。
この肉厚な手と大きな体が持つ力が最高に気持ちがいいと聞きます。

私も気になる所を実験代として整体してもらいました。
足の長さのズレ、骨盤の位置矯正、肩こり腰痛…全てみてもらってベットから起き上がった時、はじめてその効果が分かりました。

とにかく体が軽い!!

肩こりも腰痛も消えて体が軽くて動けるんです。
弟の頭の中には、東洋医学的からだの仕組みがつまっており、痛みや症状に合わせて適切な処置をおこなってくれます。身内に一人、こういう人がいると安心ですよね。
それ以来、弟には私の疲れた体を癒してもらっています☆

コメントは受け付けていません。

ライバル

私の人生にとって「ライバル」とは「敵」ではなくお互いに刺激を受けあい、自分の能力を伸ばしあえる、最高の「味方」だと思っています。どの場面にも、良きライバルがいたからこそ精一杯頑張る事が出来たし、背中を押されてきました。

「良きライバルは、良き友である。」今は心からそう思えます。

負けず嫌いの私は、何をやるにも「一番」にならないと気が済みません。だから一番を目指して人の何倍も努力します。努力をすれば、ある一定の所までは辿り着けます。
しかしトップに君臨するためには、その先のもう一歩が必要です。それが才能と言われるものだったり、天性と言われるものだったりするのかもしれませんが、残念ながら私はどの分野でも「天才肌」ではありません。そこは「努力」によって獲得する以外の方法はないのです。だから何でも必死にやる!それがポリシーであり、努力だけが自分のとりえだと思っています。

その過程で、私は必ず「ライバル」に出会います。
ライバルと共に争い、トップを目指す事は私の励みになりました。
「負けられない」と思う気持ちが、私の怠け心や変な余裕を拭い去ってくれて、向上心をあおってくれます。「オチオチしてはいられない」と言う焦る気持ちが向上心を生んでくれます。ライバルの努力が、私を刺激して私ももっと努力しようと思える力になるのです。
だから良きライバルがいたからこそ頑張れたんだなって感謝しています。

今も、各場面で素晴らしい女性や、心打たれるものに出会った時「素晴らしい」と思う反面「悔しい」と言う気持ちにさせられます。憧れの反対側で負けず嫌いの私の欲望が沸き立つんですよね。この欲は「向上心」や「自分磨き」へとつながる、いい「欲」だと思っています。

これからの人生も、良きライバルと共に常に向上心にあふれた生活が出来ればと思っています。