. .

ライバル

私の人生にとって「ライバル」とは「敵」ではなくお互いに刺激を受けあい、自分の能力を伸ばしあえる、最高の「味方」だと思っています。どの場面にも、良きライバルがいたからこそ精一杯頑張る事が出来たし、背中を押されてきました。

「良きライバルは、良き友である。」今は心からそう思えます。

負けず嫌いの私は、何をやるにも「一番」にならないと気が済みません。だから一番を目指して人の何倍も努力します。努力をすれば、ある一定の所までは辿り着けます。
しかしトップに君臨するためには、その先のもう一歩が必要です。それが才能と言われるものだったり、天性と言われるものだったりするのかもしれませんが、残念ながら私はどの分野でも「天才肌」ではありません。そこは「努力」によって獲得する以外の方法はないのです。だから何でも必死にやる!それがポリシーであり、努力だけが自分のとりえだと思っています。

その過程で、私は必ず「ライバル」に出会います。
ライバルと共に争い、トップを目指す事は私の励みになりました。
「負けられない」と思う気持ちが、私の怠け心や変な余裕を拭い去ってくれて、向上心をあおってくれます。「オチオチしてはいられない」と言う焦る気持ちが向上心を生んでくれます。ライバルの努力が、私を刺激して私ももっと努力しようと思える力になるのです。
だから良きライバルがいたからこそ頑張れたんだなって感謝しています。

今も、各場面で素晴らしい女性や、心打たれるものに出会った時「素晴らしい」と思う反面「悔しい」と言う気持ちにさせられます。憧れの反対側で負けず嫌いの私の欲望が沸き立つんですよね。この欲は「向上心」や「自分磨き」へとつながる、いい「欲」だと思っています。

これからの人生も、良きライバルと共に常に向上心にあふれた生活が出来ればと思っています。

Comments are closed.

Sorry, comments are closed for this post.