. .

レストランウェディング

最近流行のレストランウェディング。
近所のホテルでも、今年から新しくレストランウェディングの企画を始めるという事です。
レストランウェディングのメリット性とは、やはり普通の結婚式に比べて価格が安いと言う事でしょうか。また、手作り感やアットホームさ、少ない人数で心通う結婚式を望む方々にはもってこいかも知れません。
元々家元は仏教のカップルがお洒落だからとチャペルウェディングを行うのもおかしな話ですよね。しかしどこの結婚式場も立派なチャペルがあり、宗教に関わらず神聖なチャペルで神父様に永遠の愛を誓うのが一般的。
日本人はどうしても一般基準に左右される生き物ですから。
それが普通。これが一般的と言う常識から外れる事はあまりしませんもん。
だから結婚式も純白なドレスで教会のバージンロードを歩き教会で神前式を行うのが一般的になり、みんなそれに憧れています。
しかし、友人の結婚式に参加するといつも教会では聞き慣れない歌を歌わされ、神父様のカタコトの日本語に違和感を感じ、英語は分からない。なんだか違和感ばかりなんです。
自分がキリスト教じゃないから、おままごとの様に見えてしまうんですよね。

みんな「形」にこだわらずに、自分オリジナルの結婚式をやればいいのに。
そうすれば途中で飽きる事もないかもしれない…なんて思います。

結婚式=自分が主役のパーティー=自己満足の世界なので何とも言えませんが、もし私がいつか結婚する時が来るなら、来場した皆さんを「あっ」と思わせるような「普通じゃない」結婚式がしたいですね。
チャペルとか披露宴の流れとか一般のマニュアルに沿ったものではなくて、お客様も退屈しないような心温まる感動の演出を考えたいものです。
それを自分でやるならば、レストランウェディングはやりやすいかもしれませんね。
沢山の人をただ招待するのではなく、本当に大切な人だけで本当の幸せを祝う、心を込めて感謝を伝える企画、そして完全な自分たちの手作りのプラン…

レストランなら気軽に出来そうな気がします。

Comments are closed.

Sorry, comments are closed for this post.