. .

最近本を読む時間もなくて、活字から離れていましたが、久しぶりに時間を作って本を読みたいなって思うようになりました。
幼い頃から本が大好きだった私。
元々は母が本が大好きで、家には本が沢山あり家の中でも一番陽の光が入るすりガラスのお部屋に大きな本棚があって、ひなたぼっこしながら本が読める小さなスペースがありました。そこで母と一緒に本を読んだり、編み物を教えてもらったり、洋裁を教えてもらったりという事を幼稚園の頃からやっていました。
その影響で、小学生になると図書室へ行くのが何よりも楽しみになりました。
小学生低学年の頃までは、母の影響で活字本を読んでいて、主に自伝を多く読んでいました。世界の有名な方々の一生が書かれた自伝が面白くて、色んな人の生き方を知って自分の人生を想像していました。
しかし母の手を離れて、学校の図書館に個人的に入り浸るようになると、私は生まれて初めて「マンガ」の存在を知ることになるのです。
活字よりも読みやすくて、絵があるので見やすくて面白い!それからはマンガにはまるようになって、いつしか活字から離れていくようになりました。

マンガを読み始めると絵で全ての方向性が決まってしまうので、描写や背景、姿形全てにおいて「想像する」という事を忘れてしまいます。
活字を読んでいた時は「山々の木々の間を通り抜ける風」と言われれば、そこから風景を想像して自分なりの世界を作っていましたが、マンガを読むようになって自分の世界を作らずに、作られた世界を覗くと言う感性になってしまっていました。

しかし、その時代もすぎ大人になった今、また活字が読みたいと思うのです。
言葉から連想する、想像する自分だけの世界を見たい。本に書かれる言葉にヒントをもらったり、勇気をもらったり、本から知識を得て新しい方向性を見出すのも、一つの人生設計だと思うんです。
そろそろ新しい知識や、新しい発想が必要な時期なので、本を読む余裕を作ろうかな。

Comments are closed.

Sorry, comments are closed for this post.